肝っ玉オカン道

いいオカンじゃなくて、幸せなオカンでありたいのだ。

だって好きなんだもん

いつでも好きな服を着ていたい、ピノ子。

 

今朝も体操服を着ずに、ワンピースとレギンスにお着替えしてるから、

 

ワンピースやったらトイレ行きにくいし、体操しにくいんちゃう?

と、体操服を着るように説得してみたけど。

 

「トイレ行くときはこんな感じで上に上げるし、体操するときはワンピースをお腹の中に入れるね〜♡」


と、解決策まで提案されて。

 

なんでその服で行きたいの?と聞くと、

「だって、可愛いんだもん。」

「だって、好きなんだもん。」

 

と。

もうさ、これに勝る理由無いやん!

 

って思ってても。


いつも自分が好きなものを分かってて、

好きなものを選べるピノ子を見てると、

私の胸がざわざわする。

 


決められたルールは反しちゃいけないとか、
好きなことだけしてていいわけがないとか、
好きなものだけ食べてていいわけがないとか。

 

無意識に自分を縛ってる見えないルールを、4歳のピノ子が私にガンガン突きつけてくるわけで。

 


今日は、幼稚園で決まってるルール(園では体操服を着る)を反すると、

怒られる「気がする」と思ってる私。

 

そう、大概のことは、「気がしてる」だけなんよね〜。
だってそれは、子供の時に決めたルールだから。

 

体操服着ないくらいで、大人の私を誰が怒るのや?と考えたら笑ける。

 


んなわけで、今日も体操服着ずに元気に幼稚園行きました〜!

 

肝っ玉オカン道は続く。

 

広告を非表示にする