読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肝っ玉オカン道

いいオカンじゃなくて、幸せなオカンでありたいのだ。

脱!若僧

週末、原口みくさん、色さんの「心よ!」メソッドの講座に行ってきまして。

めーっちゃ面白かったのです。

 

みくさん→ゆるんでいく日々

色さん→しきたんの自由なブログ

 

私はやっぱり、心理学が好きだわ。

たぶん、理屈が結構好きなのよね。

そして、自分の中に答えがあると言う事を体感できるところがたまらない。

「後ろにいる〇〇さんが」とか「大天使ミカエル様が」とかじゃなくてね。私が私の答えを持ってるっていうのが私の安心です。

心よ!について詳しくはまたにするとして。

 

私ね、 若僧COMPLEXなんですよ。

なんじゃそら?やけどね。

 

私、3人兄弟の末っ子。

上2人とは年が離れてて。

やから、家族の中ではいつも子供扱い。

 

しかし悲しき哉、

「子供らしく」「自由にのびのび」とは過ごせなかったわけで。

母との関係性の中では、母を煩わせないいい子である必要があった。

だけど、役割として「子供らしく居る」必要もあった。

 

というダブルバインド(合ってる?)がありましてね。

これは無意識のやりとりだし、きっとどこの家庭でも多かれ少なかれある話なんですよね。

 

ま、そんなもんやから、私は大人の中で常にどう振る舞うべきかを考えてました。

そして編み出した、「知らんたかぶり〜」(もっと適切な日本語があるのかも知れないけど。)

 

いわゆる、知ったかぶりの逆です。分かってないフリするの。

分かってても、子供らしくそれって何〜?って聞いたり。

そして子供が入ったらあかん感じの時は、スッと気配を消して聞いてないフリするの。でも、めっちゃ聞いてるの。

 

私は、「子供らしく振る舞う」というツールを使って、大人達の輪に堂々と入り、聞いてないフリをしながら大人の話ばっかり聞いて育ちました。

 

自分らしく居るというコトには遠いよね〜。そら生きにくいわなぁ。

 

  

で。若僧COMPLEXやねんけど。

 

私、なんだかやたらと「若いね〜」って言われる機会が多くて。

考えたらね、社会人になってから、つまり年齢でセグメントされない環境では、自分が一番若いというコミュニティに身を置くことが異様に多い訳です。

 

最初にお世話になった会社は、断トツ若手でした。私生活で飲みに行ってた友達は、みんなお姉様やったし、一時入ってたスポーツのチームでも最若手。ママ友さんも、何故か年上の方ばかり。

 

 

んで、「若いね〜」って言われるわけです。

それが何かやたらと引っかかる。

 

若いね〜が、「無知で甘えたで思慮と配慮が足りない」と言われているように聞こえる。その上「だからあなたは私達とは違う、輪に入れてあげない」と言われているように聞こえるのです。

 

そやからね、若いね〜って言われたら、メラメラと黒い反発心が湧いてくるんです。

 

いやいやいや、その辺の若いねーちゃんと一緒にすなよ!ってか、ただ歳だけとって何の苦労もしてへんあなたよりよっぽど考えながら生きとるわぃ!私が脅威か?そらそうよの、歳くらいしかあなたが私より上なことないもんな〜。このクソつまらん年寄りが!とドス黒すぎる悪口がわいてくる。

これは極端な場合です、あしからず。

 

 

対して自分が好きな方々の中では、「若いのにしっかりしてる」の立ち位置を獲得する為に頑張ってしまう。

思慮、配慮が足りないと思われないようにと、必死で頑張ってしまう。輪に入れてもらうために。

 

 

いずれにしても、

「若僧であること」に縛られてしまうのです。 

 

その上で、自分が最若手になるようなコミュニティをあえてあえて選んでいるという事実。

つまり、私は幼き頃の家族の関係性をいろんな所で再現してるのよね。

そして、若いね〜という言葉を相手から引き出して、傷ついてる。

 

 

こないだも似たような経験があって。

 

「若いね〜」と、「末っ子っぽいね〜」と言われました。この2つは私の中ではほぼ同義です。

そのとき、ゔっ!と傷ついたわけです。

さっきも書いたけど、

「無知で甘えたで思慮と配慮が足りない」「だからあなたは私達とは違う、輪に入れてあげない」と言われているように聞こえました。

 

 

だけど、「聞こえた」なんですよね。だから勇気出して聞いてみたんですよね。

 

それってどういう意味?って。

 

ほなね、親しみやすいっていう意味。

という様な回答でした。

 

 ・・・

 

なーんや。

無知で甘えたで思慮と配慮が足りなくて、だからあなたは私達とは違う、輪に入れてあげない。

 

なんて言われてへんやん。

親しみやすいなんて、良かったやん!

カワイイってことやん!(いや、それは言われてないか♡)

 

 

というわけで、

私、勝手に思い込んでたこと、ひとつ手放しました。

 

私なんやかんや言いながら、やっぱり若僧の立ち位置好きやったのよ。慣れ親しんだ場所で居心地ええの。

 

とはいえ、手放しちゃったから、これからはそれも変わって行くのかもしれないけどね〜。

 

 

肝っ玉オカン道は続く。

広告を非表示にする