肝っ玉オカン道

いいオカンじゃなくて、幸せなオカンでありたいのだ。

誕生日やったんですよ。

こんにちは〜!

どんだけも放ったらかしにしていたブログ。

自分の中で少しばかりの引っかかりがあり、自分の感じたことをここでオープンにする事を恐れていましたわ。

そしたら、何かしらの気づきも無いなー。

引きこもる事と、自分の内側に目を向ける事は似てるようで全く違うのなー。

 

その少しばかりの引っかかりにつきましては、もはや「どうでも良くなった」

何があったという訳でもないんやけど。

 

この「どうでも良くなった」が、実は一番ええこっちゃやないか?と最近思ってます。

嫌いな人が「どうでもいい人」になれば。嫌なことが「どうでもいいこと」になれば。

 

私は幸せでもいい。

私の価値は私が決める。誰かに価値を図ってもらう必要はない。。。のであーる。

と、ここで張り切って自分に宣言してみます。 

 

・・・・・・・・・・・・・

 

誕生日でやんした!

f:id:kimottamamama:20170720164210j:image

お砂のケーキ

  

「お誕生日おめでとう。」

というお祝いの言葉は、「生きていていいよ」と言われてるようで、とても嬉しくて、気恥ずかしいな。

 

昼間、自転車漕ぎながら友人と、

ご飯食べよかー、どっかで買ってうちで食べよかーと言ってたら、

ピノ子が「ママ、お誕生日おめでとう」と言ってくれたんですよ。

そしたら友人が、「えー!誕生日なの?!じゃあご馳走するからどっか食べに行こうよー!」

と言ってくれて、美味しい中華をご馳走になりました。

 

この急展開に底知れないワクワクがあって、あぁ、生きてて良かったなぁと思った次第。 

この優しくてフットワークが良い、良き友。とても大好き♡

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

だけど、今年の誕生日はひと月前から何やかんや一悶着、二悶着あったんですよねぇ。@夫。

 

要は、

「ねぇ?私のことほんまに大事に思ってるん?思ってるなら何でそうなるん?」のやーつです。

 

夫にも言い分があるんでしょう。

だけどとにかく伝わらねぇ〜。@お互い。(@の使い方テキトーか!) 

 

はぁぁぁぁぁぁぁ、身近な人とのコミュニケーションってさ。。。(なんやねん!)

 

 

ま、このブログは夫も読んでますが、書いとく。

解決したらまた書く!(まだ解決してない)

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

今年の誕生日は、初めてのことをしてみました。

それは、母親に「産んでくれてありがとう」を言ってみる、です。

 

電話したら、母親はすっかり私の誕生日ってことを忘れてましたわー。へへへ。

 

んで、言ってみました。

「産んでくれてありがとうねー」

 

ほな、言う直前はちょっとドキドキしたけど、何のこっちゃ無かった!!!

 

そ。そうなんですよ。ぜーんぜん、ナンノコッチャ無かったの。ふっつー。

これが逆に腰抜けたわ。

 

言うた途端何か思いが込み上げて来るとか。結局言えなかったとか。感動してお互い泣き合うとか。

そんなん全くなーい!

 

それがさ、良かった感じでした。

あぁ、なんや、私、もうすっかり自分の人生歩いてるんや、と思った。

今更な話やけど。

 

・・・・・・・・・・・・

 

ブログ書くの久しぶり過ぎて、全然筆が乗りません。

あの書いてる快調な感じが全く無いなー。

ま、えっか。

 

というわけで、また書きまーす!