肝っ玉オカン道

いいオカンじゃなくて、幸せなオカンでありたいのだ。

超絶頑張ってる私に②

超絶頑張ってる私に① - 肝っ玉オカン道

 

を書いて翌朝。

とんでもない自分の中のただのモヤモヤを吐き出しただけの、いわゆるう○こ状態。

別にわざわざ言うほどのもんでもないような、私頑張ってるなぁって話を書いただけで、そんなものをブログに書いてる恥ずかしさにさいなまれたりもしています。

しかし、朝起きたら久しぶりのスッキリ感があって。書くことである意味、私が私を少し救ってあげられた気がしてて。とっても清々しかったりもしているわけで。

 

そして、ここのとこ鬼のようにグズってるコボちゃんが、今日は素晴らしくご機嫌&長時間のお昼寝をしてくれました。ビバ。

 

*********************************************************

①ね。

多少自嘲気味に書いたとは言え、また正体不明の「完璧」のお化けにやられてるなぁと思いましたよ。

 

「やらやあかんこと」を「できてない」から、私は頑張ってるとはいえない。

ってさ、、、

それ、ホンマか?

 

じゃあどこまですれば、私の思う「完璧」で「頑張ってると言っていい」お母さん・主婦になれるのだろうか。そんなもの、あるのかな?

 

毎食手作りして、一汁三菜。野菜を中心にバランスの良いメニューを心がけて。子どもの食べないおかずはメモして、食べられるように工夫を凝らし。

掃除は毎日拭き掃除のち掃き掃除のち掃除機を朝晩。

洗濯は白物黒物を分けて、子供の体操服は丁寧に下洗い。夫のシャツ・スーツは自分で丁寧にアイロンをかけ、新しいハンカチをポケットに入れておく。季節の衣替えは少し早めに。

子どもの話にはしっかりと目を合わせ、子どもの心を受けとめ。朝夕2回の外遊び、起きてる時間はテレビに子守はさせずに、子どもの自立心を育てる道具と遊びを工夫する。

昼寝の時間は家事に勤しみ、子供のため、夫のために。自分の買い物より、家族の買い物を優先。

 

とかが、「完璧」で「頑張ってる」として認めていいラインかな?(あ!あと、嫁としての務めとか入れたらまだまだあと1000字は必要です。)

 

 

そら、すごいよ?これ出来たら。

やけど私、こんな生活到底出来ひんし、そもそもやりたいと思ってないやん!!!!

 

外食もしたいし、ゴロゴロ昼寝したいし。子どもにiPad預けて横で映画観てたい。散らかった部屋は嫌いやけど、毎日そんな丁寧に掃除せんでもええねん。

外遊びは私の気分次第でよろしく。

 

やからさ、私よ、よく聞きなさい。

そもそもやりたいと思ってないこと、頑張りたいと思ってることでもないものをゴールにして、自分は「頑張ってる」なんて言えない。。。って言うてるんやで。

論理が破綻してるの、気がつかへん?

 

いつか目や耳にした、世間や誰かの正義に振り回されて、やりたい事でもない事に自分が振り回されてるんやで。

 

 

自分の求めてるわけでもない、得体の知れない「完璧」ってやつじゃないと、自分にオッケーを出せないのなら、

私は一生私にオッケーを出せないことになってしまうじゃないかっっっっっ!!

 

*********************************************************

しかしながら。

私はこんなにも私にオッケー出してないってのに、
夫は、子供達は、とてつもない大きいオッケーを私に出してくれてる。

 

夫は私に「完璧」であることを求めていないどころか、何かをすること、できることを私に全くと言っていいほど求めていない。(やりたいと思ってることは応援してくれる)

 

ゴロゴロしてても、自分の事ばっかりしてても、自分の服ばっかり買ってても、自分のテレビばっかり観てても、明らかに子供の世話を押しつけてても。

 

なんでもいいよ、やっちゃんが嬉しいならそれでいいよ、居てくれるだけで嬉しいよ、僕ができることでやっちゃんが喜んでくれるなら幸せなんだよと伝えてくれる。(結局、のろけているのか〜)

 

何というか、いわゆる私が親にずっと欲しいと思ってた「無条件の愛」ってやつをくれてるわけですよね。


しかしいざ与えてもらったとなったら。
私なんて受け取る資格あらへんと卑屈になって、こんな私がって罪悪感にかられて、終いには攻撃的になって破壊したくなる。

 

あーぁ、こじらせまくってる〜。

 

この、私の中にずっとある「資格」のあるなしってなんなんやろか。
これがめっちゃ私を私で居られなくしてくるねんなぁ。

*********************************************************
んなわけで(どんなわけ?)

 

普通の日常に生きてる私に私が大きなオッケーを出せるようになれば、
私はどうしたって生きていけるようになるよな、それって地味やけどって凄くないか。

 

毎日なんやかんや言うても自分以外の人間の世話に追われて、自分のこと後回しにして。もっと優しい言葉かけができたんじゃないか?上手に遊べるようになれればいいのにな。丁寧なご飯で家族の身体を守りたいんやけど手抜きしてもたな。外で頑張る夫をもっと支えられるようにありたい。

そんな。もっとこうあれば良かったのかも知れないって気持ちはあるけれども。

 

だけど、私は充分に頑張ってるよ。
それでも何でも今日1日フルに生きた自分に大きなオッケーを出して、今日は寝ようと思います。

 

大丈夫、大丈夫。

  

しかし、そもそもさ、なんで知らない間に我慢がチリのように積もってしまってるのか。そもそも私がしてる我慢って何なのか?に関する考察は続きます。(多分)

  

f:id:kimottamamama:20170922162501j:image

宮古島のサトウキビ畑。

 

 

※結局のろけかよ!的な感じやん。

私って何をそんなに我慢してるのか - 肝っ玉オカン道

でも書いたけど、「人生は近くで見ると悲劇だが、遠くで見ると喜劇だ」byチャップリン

状態やない、私?

同じところぐるぐるしとるな。

 

 

肝っ玉オカン道は続く。