肝っ玉オカン道

いいオカンじゃなくて、幸せなオカンでありたいのだ。

そして、それは成長した証なのだから

 

前に書いた記事↓

 

 

kimottamamama.hatenablog.com

 

 

 

これ私にとっては、なーんも目新しいテーマちゃいます。

 

 

他人に力を持たせて、自分を小さく小さくさせるクセ。

ズバリ自己価値の低さね。

 

20代の頃に出会った心理学の師匠に色々と学ぶ中で、

毎度出てくるテーマですわ。

 

私が私を生きにくくさせてた大きな大きなクセのひとつ。

 

 

なんやけども、

今回新鮮な発見として腑に落ちたこと。

それに本当に歓喜つくしました。

 

 

人間の成長ってね、

直線階段やなくて、螺旋階段なんやって。

 

ってことは、

あーまた同じテーマやん。って思う時は、

それは以前同じテーマでぶつかった時より成長してる証。

 

 

景色は変わらへんようやけど、

見てる角度は変わってる。

 

 

だから私、また同じテーマやん、って思えて嬉しかった。

オトナの階段登ってます。

 

 

肝っ玉オカン道は続く。

広告を非表示にする